前へ
次へ

池袋の不動産における住宅ローンや住宅取得費用について

池袋の不動産の住宅ローンの機構融資を利用する場合、当初、最長の返済期間よりある程度短い返済期間でローンを組んでおけば、万一、ボーナス支給がなくなってボーナス月の返済が苦しくなったときでも、ボーナス返済を取り止めて、当初利用可能だった最長の返済期間まで返済期間を延長することによって、同程度の毎月返済額で返済を継続することができるようです。
また、返済方法変更手数料というのが必要になり、総返済額はふえていきます。
ほかに、池袋の不動産において住宅取得に必要な費用をみていきます。
住宅や土地を購入するときには、売買契約者を、機構や銀行などの金融機関から住宅ローンを借りるときには、金銭消費貸借契約書を作成していきます。

池袋の不動産取得時の費用の詳細について

池袋の不動産の住宅取得時の費用を見ていきます。
まず、池袋の不動産取得時の契約書として、金銭消費貸借契約書というのがありますが、この契約書を作成する場合には、印紙税を納めなければならないようです。
契約書1通ごとに収入印紙を貼って、ハンコなどで消印することによって、印紙税を納めたことになるようです。
税制などについては、税務署に確認が必要になるようです。
住宅、土地を建設、購入したときは、その権利を明らかにするために、所有権の保存登記、移転登記を行うようです。
股、住宅ローンを借り入れるときは、抵当権設定登記を行うようです。
この登記申請に必要なのが、登録免許税であり、各登記を行うときに、法務局に納めることになるようです。

Page Top