前へ
次へ

池袋の不動産の登記免許税について

池袋の不動産などの住宅、土地を建設、購入したときは、その権利を明らかにするために、所有権の保存登記、移転登記を行うようです。
また、池袋の不動産の住宅ローンを借り入れるときは、抵当権設定登記を行うようです。
この登記申請に必要なのが登録免許税で、各陶器を行うときに法務局に納める必要があるようです。
軽減措置の適用要件というのがあります。
次のすべてに該当する必要があります。
まず、自己居住用の住宅であること、住宅の床面積が50平方メートルであることがあります。
また、取得日が築後20年以内であることがあります。
ただし、平成17年4月1日以降の取得で、一定の耐震基準に適合する場合は、築年数は問わないとなっています。
新築または、取得後1年以内に登記すること、登記の申請書にその住宅所在地の市町村長の証明書を添付することなどがあります。

池袋の不動産の登記にかかる支払い報酬の種類について

池袋の不動産などの住宅を新築したときに、新たに住宅の形状などについて、登記にかかる支払い報酬があります。
表示登記として、法務局への登記申請を土地家屋調査しに依頼する場合に支払う報酬があります。
所有権保存登記として、住宅を新築した場合に、新たに住宅の所有関係について、法務局への登記申請を司法書士に依頼する場合に支払う報酬があります。
池袋の不動産などの所有権移転登記として、中古住宅または、売主名の保存登記をしている新築住宅を購入した場合に、住宅の所有者の変更について、法務局への登記申請を司法書士に依頼する場合に支払う報酬があります。
抵当権設定登記として、住宅を取得するために住宅ローンを利用して、住宅または、土地に抵当権を設定する場合に、法務局への登記申請を司法書士に依頼するときに支払う報酬があります。

Page Top